岡本昭彦が謝罪会見で言いたかったことは?「全員クビ」は冗談?加藤浩次はどうする?

トレンド

吉本興業の社長である、
岡本昭彦が闇営業や、先日の、
宮迫、田村亮の会見をうけて
会見しました。

ネットには今回の謝罪会見に対し様々なご意見が
ありますが、
5時間半に及ぶ会見でなにが言いたかったのか
要約と個人的な意見を含めて
解説していきます。

題して、
岡本昭彦が謝罪会見で言いたかったことは?「全員クビ」は冗談?加藤浩次はどうする?

是非最後までご覧下さい。

スポンサーリンク

会見に至るまでの経緯を簡単に紹介。

ここでは簡単に謝罪会見に至った経緯を
簡単に解説します。

 

反社会集団とのパーティーに吉本芸人が参加。

その報道を受け、宮迫、田村らが謹慎処分。

金銭の受け取りはないと主張

その後、金銭の受け取りがあったことが
明らかに。

宮迫、田村が謝罪会見を熱望。

会社はこれに反対。

宮迫、田村らが弁護士を雇い会社に意見

会社は文面にて、
解雇を通達。

謝罪会見が開かれる。

会社からパワハラや無責任な言動が
あったことが発覚。

それを受け、松本人志ら大御所が動く。

吉本興業社長・岡本昭彦が謝罪会見。

 

大まかな流れはこのようになっています。

最初は芸人らに批判が集中しましたが、
宮迫らの会見の後は、会社に非難が集中。

個人的に宮迫さんは謝罪とともに、
吉本興業の本性を世間に開示する
チャンスとも考えていたような気がします。

アメダマン
アメダマン

中々衝撃的な内容だったよね。

宮迫さん、田村亮さんが会見していたときの
発言では、
吉本社長「岡本昭彦」が

「テープ持ってないだろうなぁ?会見してもええけど
お前らをクビにする。それくらいの力が俺にはあるんや」

と主張しました。

見事なパワハラ発言で、あまりにも身勝手な発言。
宝である、タレントのことを考えての
発言っとは到底思えません。

また、会見をすぐにでもしたいという
宮迫らに対し、「静観でいく」
自身の面子を保つあまりにも無責任な
発言も波紋を呼びました。

 

そんな多大な不信感のなか
行われた吉本興業社長の記者会見。

一体なにを話されたのか気になりますよね?

5時間半の会見を通し、何を言いたかったのか
個人的な意見も添えて要約しましたので

ご覧下さい。

スポンサーリンク

会見で吉本社長「岡本昭彦」が言いたかったこと

今回の会見を通して感じたのは、
まず第一に

アメダマン
アメダマン

すごい自分を守る人だなぁ

と感じました。

立場もあるでしょうから、
全てを認めることはできないのかもしれませんが、
あまりにも誠実とはかけ離れた会見に
感じました。

 

会見途中には涙も見せ、声を震わせる場面も
ありましたが、
恐らく、芸人さんに対し申し訳ない気持ちが
あったのは確かでしょう。

 

ただ、肝心のパワハラ発言に関しては
少々言い訳がましく、
結局は
「冗談のつもりだったと」発言。

記者からの「パワハラであることは認めてますか?」
という問いにも、
「私にそういうつもりはありませんが、
相手がそうだと思うならそうです」

とハッキリとは認めませんでした。

 

他にも問いに対し、
アンサーを答えず、前置きや経緯を長々話し、

アメダマン
アメダマン

結局なんの話だっけ?

と思わせる応答がほとんど。

恐らく、喋りが苦手なのか、
巧妙に逃げようとしているのか
だとは思いますが、緊張状態と
トークのテンポがスローなことを考えると
自分がなにを言いたくなったか
途中で分からなくなったのでしょう。

 

では一体会見を通してなにを
言いたかったのかを言えば、

真実を喋りながらも核心をつく質問や、
自分に対する個人的な批判的な質問に関しては
はぐらかすといったことから

自分自身の保身と、これ以上大事にしたくないという
気持ちが見えました。

 

なのでどうしても
自身の考えや意見を述べるというよりは
教科書を見ながら、模範解答をしているような
印象で、
松本人志さんら大御所芸人の逆鱗に触れないための
会見に感じてしましました。

 

結果、岡本社長は給料50%カット
宮迫さんの解雇を撤回するという話で
終了しました。

 

様々な意見があると思いますが、
今後、保身的な岡本社長が同じような過ちを
起こすとは思えませんけれども、根本的な解決に
なっていないような気がして心配です。

 

また、宮迫さんが今回の会見を聞き
どのように思ったのかわかりませんが
松本人志ら大御所芸人に諭され
そのまま吉本に残るような気がします。

 

一旦は静観して今後の進退を見て行きましょう。

 

スポンサーリンク

加藤浩次は吉本を退社する?

極楽とんぼの加藤浩次さんが
自身出演番組「スッキリ」にて

大崎会長、岡本社長が変わらなければ
吉本を退社すると、発言しました。

 

その後開かれた、岡本社長の会見では
退くことなく給料50%カットという
処分になりましたから、
発言通りなら、加藤浩次さんが
吉本興業を退社することになります。

 

また、これを受け会長が辞任するならば
松本人志さんが退社すると言っていますから
必然的に、
加藤浩次さんか松本人志さんが吉本興業を
退社することになりますね。

個人的な見解を言わせてもらえば
恐らくどちらもやめないでしょう。

 

会社か、松本人志さんクラスの大御所が
加藤さんとお話し、説得する光景が浮かびます。
もう1度チャンスを上げてほしいというのか
わかりませんが
一旦はこの騒動も終焉を迎えるのではないかと
推測できます。

 

これ以上、謹慎や退社で世間を騒がせるのではなく
芸人として、お笑い事務所として
面白さで世間を沸かせてほしいので、
騒動ではなく、爆笑で注目を集めて
ほしいものです。

 

スポンサーリンク

 

最後に

以上になります。

今回は、
岡本昭彦が謝罪会見で言いたかったことは?「全員クビ」は冗談?加藤浩次はどうする?

と題しまして、
吉本興業社長「岡本昭彦」さんの
謝罪会見で伝えたかったことを
私見にて解説しました。

皆さんはどうお考えになられたでしょうか?
全員首と話された真相も
意外な結果となりましたが、
これを宮迫さん、田村亮さんがどう捉えたのか
今後の発言に注目が集まります。

 

コメント