堀ちえみ 自粛要請で批判殺到はなぜ?がんの経過報告が原因?現在の様子とブログ

トレンド

先日、口腔がんで話題になった芸能人の
堀ちえみさん。

手術を終え、現在、退院し
リハビリ中なのですが
マスコミへの批判を
自身が運営しているブログで
明らかにしました。

今回は堀ちえみさんの発言の詳細と
世間の反応、なぜ批判され
問題になっているのか
記載していきます。

スポンサーリンク

堀ちえみさんのブログ内容と意図

今回の騒動の発端となっている
ブログ内容の1部を抜粋しました。
ご覧下さい。

息子の入学式は遠慮して
出席しないことに。

本人は別に何も言ってないけど、
大学生になて親が付いて行くのも、
どうなのかなと思いました。

大学はお兄ちゃんたちの時も、
1度も行ってないしね。

特に今はマスコミに、
隠し撮りをされているので、
子供に迷惑をかけたくないという思いも、
ありました。

行くところ付けられているようです。

そっとしといてほしいなぁ。

「退院後初の診察」と題名をつけ
4月2日に更新されたブログで、
子供の入学式についてと診察の様子について
記載されています。

一見、普通のブログに見えますが、
捉えようによっては
遠回しな批判やメッセージにもとれますよね!

自身が病気になり話題にもなったので
マスコミが良いネタとして仕入れたがっているのでしょう。
職業柄仕方ないと言えばそれまでですが、
マスコミも絶対にチェックする
ブログでの発言となれば
うんざりしているのでしょう。

 

ただ、同記事では

あっ、今朝は娘月とモロゾフのスイーツを、
楽しみましたー☺☺☺

とハッピーな報告もされてますから
私たちが思うほどには気にされてないかもしれません。
或いは、批判だけの記事にならないような
配慮で書いた可能性もありますが、、、

 

アメダマン
アメダマン

んー、なにか報道があった場合は
マスコミに付けられるのは
芸能人の宿命みたいなものですが、
家族の入学式に行けないことが残念なため
もらした発言に思えますね。

追跡されることは慣れているでしょうから
今更、腹を立てることもないでしょう。
単純に家族と行動がしずらいことへの
不満が文章に出てしまったという感じがしますね。

さほど話題になるような記事には
思えません

堀ちえみさん自身、
話題性が旬な人物なので
マスコミは大きく報道することの
需要があるのでしょうね!

スポンサーリンク

自粛要請に対する世間の反応は?

暖かいコメントもあれば
なかなか辛辣な意見もあり
やはり、「芸能人なのだから仕方ない」
との意見が1番多かったですね。

堀ちえみさんが利用しているアメーバブログの
コメントでは、ファンが閲覧しているので
当たり前ですが、かなり同意されており
大変暖かいコメントが何件も届いています。
一部抜粋をご覧下さい。

マスコミ関係者のかたへ
私からもお願いです。
ちえみちゃんの行動を追跡しないでください。
そっとして、健康を応援してあげて下さい。

 

ちえみさん、マスコミの人たちは気にしないで
いつもの可愛いちえみちゃんでいてくださいね。
今にちえみさんは、妻でありお母さん
なんですからね。

またTVに出演される時を
楽しみにしています。

 

楓季くん、ご入学おめでとうございます!!

それにしてもマスコミの隠し撮りって・・・
肖像権の侵害ですよね?

 

マスコミさんに追いかけられるって
羨ましい気もします。
私なんかだれも追ってくれません(笑)
気楽ですが。
経過順調で良かったです。

ほとんどが
体調を心配する声や
子供の成長を喜んでいるコメントばかりで
大変平和です。

批判するひとたちは

自粛要請するならなぜ金スマ出たんだ?

 

ブログを自粛すればいいんじゃないか?

などと批判しています。
あまり的を得ていないと思いますが、、、

スポンサーリンク

いずれにせよ騒動になるほどの事は
書いていませんでした。

マスコミが話題性のある人物を
スクープにするためだけの
誇張報道といえるでしょう。

そもそも「自粛要請」と言うには
あまりに大げさすぎます。
芸能人であれば
テレビでもツイッターでも
マスコミへの「やめてくれ」メッセージ
は多数述べられていますからね!

堀ちえみさんが発言したから
自粛要請と捉えるのはあまりにも
無理があります。

 

最後に

今回は堀ちえみさんの自粛要請と
世間の反応を書きましたが

マスコミが作り上げた大げさスクープで
事実は大して批判もされておらず
話題だけが一人歩きしていました。

病気でありながら、子供や家の面倒
を見ている、主婦ですから
いずれにせよ人としての配慮は必要ではないでしょうか?

なんにもない言葉で話題にされ
心労が重なると
病気にも悪影響だと思うので、どうか
考えていただきたいですね。

コメント