島香裕の死因は?グッフィーの代役は誰?ディズニーファンは悲しみの声!

トレンド

俳優で声優として活躍していた島香裕さんが7月28日に死亡しました。

 

島香裕さんと言えばディズニーのミッフィーの声を担当し有名な声優さんですが、突然の訃報に驚きを隠せません。

ニュースサイトを見ても細かい事を非公表となっており、死因や代役についても明らかになっていません。

そこで今回は、島香裕の死因は?グッフィーの代役は誰?ディズニーファンは悲しみの声!と題しまして、島香裕さんの訃報についての、死因やグッフィーの代役は誰になるのか、ファンの声について解説していきます。

アメダマン
アメダマン

ゆっくり見て行ってね!

スポンサーリンク

島香裕のプロフィール

名前:島香裕

読み方:しまか ゆう

生年月日:1949年5月6日

出身地:長野県

職業:俳優、声優

趣味:歌唱

声優界では大御所として君臨し、出演作品は数知れないほどです。

名作「トランスフォーマー」では敵味方関係なく色々な性格を演じ高い評価を。

そしてなんといっても「グーフィー」の声といえば島香裕さんに定着し、いまだに声真似や賞賛も多く、日本が世界に誇れる声優さんの1人です。

俳優としても、あの黒澤明監督作品「影武者」み出演し、圧倒的な存在感を出しました。

 

アメダマン
アメダマン

黒澤明さんにキャスティングされるだけでもすごいことですよね!

スポンサーリンク

島香裕の死因は?

さて、突然の訃報で悲しみを隠しきれませんが、7月28日に自宅にて死亡が確認されました。

ニュース記事で死因についての記載はありませんが、死因は心筋梗塞だということです。

70歳ではありますが、偉大な声優さんなだけに残念でなりませんね。

アメダマン
アメダマン

ミッフィーの声真似なんかよくやっていましたよ!

島香裕さんが日本に与えたエンターテイメントは今後も生き続けるでしょうが、時代の変わり目という表現も適切なのかもしれません。次から次に次世代の伝説が上がっては入れ替わる。これから伝説を作る若者(声優や役者)になにを思っていたのか、聞けないのが残念でなりません。

 

ちなみに心筋梗塞とは、何らかの原因で心筋が壊死を起こした状態のことで、前兆が生じない場合もあります。具体的に言うと酸素を送るための血管に傷がつき血が出て固まって破れることで血管を塞いでしまうため、酸素の供給が出来なくなり起こる症状なのですね。

島香裕さんの場合、高齢ではありますから健康状態によってはいつ起きても仕方の無い状態ではありました。元々病院に通っていた用ですから覚悟はあったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 


グッフィーの代役は誰?

気になるのがグーフィーの代役ですね、公式に発表されたのが8月5日のことですからまだ何も決まっていない可能性もありますが、調べてみました。

 

調べたところ現在は声の収録する必要がないため、決まってはいませんがネットではもしやるとしたならば代役には「山ちゃん(山寺)」が良いとの声が多数です。

グーフィーの日本語版でも山ちゃんでは?と誤解する人も多かったですから、系統は似ていて出せる声ではあるのでしょう。多様な声質を操れる山ちゃんですから、今後グーフィーの収録があった場合には是非ともお願いしたいですね。これ以上の適任はいないのではないでしょうか。

 

アメダマン
アメダマン

まぁやっぱり島香裕さんの声がしっくりですから、違う声として定着させるよりは島香裕さんに似た声の人にやってもらいたいですよね!

また、トムとジェリー「スパイク役」としても活躍していましたから、こちらも今後どうなるのか見て行きましょう。

スポンサーリンク

島香裕の死亡で世間の声は?

それでは最後にグーフィー訳の島香裕さんが無くなったことに対する世間の声を聞いていきましょう。

 

 

SNS上では島香裕さんを偲ぶ声が多数でした。それだけ愛された声優さんでもあり、歴史を支えた立役者でもありましたね。多くのファンが魅せられ違和感なく作品に没頭しここまで愛されるイメージを与えたのはまぎれもなく島香裕さんだったからでしょう。

残念以外に言葉が見つかりませんが、ここまでエンタテインメントを盛り上げてくれた島香さんには感謝しかありませんね。

スポンサーリンク

 

最後に

以上になります。

 

今回は、島香裕の死因は?グッフィーの代役は誰?ディズニーファンは悲しみの声!と題しまして、島香裕さんの死因とグーフィー役の代役について解説しました。非常に残念な報せでしたが、死因が不自然な物ではなくて少し安心しました。

物騒な時代なだけに不安でした。しかし声優さんとして時代に貢献した島香さんは声として多くの作品に残っていますので、ふいに聞きたくなったときはいつでも聞けますね。

そういう意味では島香裕さんはまだ生きていて永遠に生きているということでしょう。

私もさっそく、島香裕さんの作品を視聴したいと思います。

コメント