生理バッジを胸に!お客さんや従業員の反応は?お客さんに知らせる必要はある?

トレンド

生理バッジをご存じでしょうか?
大阪の百貨店「大丸梅田店」にて採用し、
実施している施策で、生理の従業員に
生理バッジを付けて接客するもの。

これには賛否両論でネット上では
炎上に近い反応が起っています。

実際にすでに導入済みということで
今回は、生理バッジによる、
お客さんと従業員の反応、
なんのために生理バッジをつけるのか

また、お客さんに伝える意味はあるのかを
解説します!

スポンサーリンク

生理バッジはなんのために付ける?

事の発端は「大丸梅田店」にて新しいお店
「ミチカケ」という

・アパレル
・美容アイテム
・コスメ
・漢方茶

を販売するお店がオープンしたことで
女性の性や生理に関して特化した
ジャンルを確立させました。

さらには、百貨店として成功するには
今の時代、新しいテーマを発信することが
大事だとし、大丸梅田店店長は
思い切った施策を投じたのです。

 

アメダマン
アメダマン

斬新すぎて、今の世間の反応だと、
どうも定着化が難しいような気が
しますね!

では実際に生理バッジをつけて
どんな効果が現れるのかですが、

 

生理をオープンにすると
周りのスタッフが認知するので、
細かい配慮や、在宅ワークなど負担の
少ない業務にまわし、
チームとして連携の取れた仕事ができる
メリットがあるそうです!

 

確かに、女性には1ヶ月に1度は訪れる
現象ですから、男女フェアじゃないという
捉え方もできます。

そういう意味では女性も社会人として
とても働きやすい環境になるのかも
しれません。

 

スポンサーリンク

 

生理バッジに対するお客さんの反応、実際に付けた従業員の反応は?

では実際に生理バッジを付けた時の
従業員・お客さんの反応を見ていきましょう。

 

生理バッジに対するお客さんの意見

生理だからといって私たちには関係ない!

 

この人、生理中だからイライラしているのかな?

 

そんなの付けてどうして欲しいの?

 

生理バッジを見ると気を遣ってしまう、、

 

どうもネガティブな意見が多いですね。
SNS上でも否定的な意見が多く
特にご年配の女性からは、

生理だから仕事量を減らしたり、
情けを求めているようで
それは甘えだ!

と厳しい意見が多数上がっています。

確かに、昔では考えられなかったでしょうし、
色々と人生経験が豊富な方は自身と同じような
苦悩や、辛い経験を求めたがる傾向が
ありますから、中々受け入れがたい
アイディアなのかもしれませんね。

 

生理バッジを付けた従業員の反応

生理の話を職場の人とできるようになったことが大きな一歩だと思う

 

同性同士で話すことで、ポジティブな雰囲気で盛り上がれた

 

従業員側ではかなり、
前向きなコメントがされています。

確かに同性同士でも生理であることを
わざわざ言葉にしませんから、
自身の生理を公表することで一層
深い関わり合いになることはできますよね!

おかげでチームワークが発揮されやすく
職場全体の士気も上がり、
良い職場環境になれそうです。

 

アメダマン
アメダマン

もちろん、生理バッジを付けるか否かは
強制ではなく、従業員が決めて良い
ので、生理の症状が辛い方には
かなり有り難い仕組みかもしれません。

スポンサーリンク

 

生理バッジをお客さんに見せて得られるメリットはある?

お客さんの反応と、従業員の反応を見て
気付いた方もいると思いますが、
お客さんに生理であることを伝える
メリットが今のところわかりませんよね。

 

どうやら生理バッジを付ける真の狙いは
お客様とより一層距離感を縮め、
表面ではなく、深層の悩みに向き合う
というもの。

 

外面の表面的なものだけでなく、
内面のデリケートな面までお客様に寄り添うことで
女性、誰もが持っている、誰にも言えない
悩みを共有することで、お客様に満足して
いただくというコンセプトのようです。

 

アメダマン
アメダマン

確かに性や、生理現象による悩みは
百貨店の店員さんに相談することは
今まではありませんでしたよね。

デリケートな悩みだし、
人に言えることでもない。
それが生理バッジを付けた店員さんが相手なら
すでに店員さんがオープンな状態なので
こちらも心を開きやすくなります。

 

賛否両論はありますが、私は個人的に
大賛成で、少しでも多くの女性が
絶対的にやってくる生理の苦しみから
少しでも楽になると考えれば
日本はもっと明るい国になるのではないでしょうか。

 

そもそも、新しい事は批判されますから
大丸梅田店にはどうか世論に負けずに
しばらくは生理バッジを試してみて
ほしいですね。

 

スポンサーリンク

 

最後に

以上になります。

今回は、
生理バッジを胸に!お客さんや従業員の反応は?お客さんに知らせる必要はある?

と題しまして、生理バッジの
お客さん、従業員の実際の反応と、
なんのために生理バッジを付けるのか、
意図や、お客さんに見せるメリットに
ついて解説しました。

女性目線に立った素晴らしいアイディア
だと私は思いました。
これが定着すれば、かなり女性の負担が
なくなることでしょうから、
早く日本中で浸透すれば
嬉しく思います。

トレンド
スポンサーリンク
アメダマンをフォローする
スポンサーリンク
アメダマンの城

コメント