リリカルライブがレジ8台で物議!待ち時間と現金のみの理由はなぜ?

トレンド

魔法少女リリカルなのはライブでの物販発売がトレンド入りを果たしています。

来場数1万人以上に対してレジが8台。単純計算で1500人の行列が予想され数時間の待機時間が必要となるでしょう。

そこで今回この記事では、「魔法少女リリカルなのはライブ」のレジがなぜ8台なのか、待ち時間の目安やクレカのみの対応は何故なのか解説します。

アメダマン
アメダマン

物販を売る気がないんですかねえ

スポンサーリンク

リリカルなのはなライブでレジ8台はなぜ?

Twitterでも話題の「レジ8台」ですが、そもそもなぜレジ8台なのでしょうか。

調べたところ単純に想定ミスだったようで。1万人以上の来場数に対して物販を購入する方の割合を考えると8台で事足りると考えたようです。

 

ライブイベントといえば会場でしか手に入らないグッズが手に入りますから、わざわざ会場に足を運ぶ程ファンの方は喉から手が出るほど欲しいはず、かなりの誤算でしたね。

 

ちなみに物販レジでは8レジで捌いているのですが、外になるので寒い中での行列となります。国立代々木競技場第一体育館へのライブに行かれる方は防寒具必須です。

アメダマン
アメダマン

ただ1月19日の物販ではなにかしらの対応がされると思いますので公式サイトからの更新を待ちましょう。

 

スポンサーリンク

 

リリカルライブのレジ8台の待ち時間は?

来場数13000人に対しレジ8台の購入制限無し。1台のレジに1625人並ぶ計算になります。

仮に1客3分で対応したとすると

3分×1624人=4872分
時間にすると81時間になります!

アメダマン
アメダマン

81時間!???

日にすると約2日間です。

もちろん全員が物販を購入するわけではありませんし、3分もかからないお客さんのほうが多いでしょう。しかし、それだとしても5時間以上の時間はかかってしまいますから、並ぶのを途中で断念する方も多数いそうです。

そうなると売り上げも落ちますから、運営としてもかなりの痛手ですね。

 

スポンサーリンク

リリカルライブはなぜクレカ対応していない?売る気ない?

もう1つ物議を醸しているのはレジで現金対応のみというところ。

現金よりもクレカの方がスムーズなので時間が更にかかってしまう点と金額ミスが発生する可能性があるので効率的とは言いません。

クレカ非対応の理由としては運営側が物販に対して深く考えずに行ってしまったのでしょう。

レジ8台というところも含め、細かい計算や分析もせずに起こった悲劇なんですね。

アメダマン
アメダマン

ライブ会場に現金をたくさん持っていくと言うのも抵抗ありますし、19日の改善が期待されます。

 

スポンサーリンク

 

リリカルの8台レジに対する世間の声は

 

スポンサーリンク

 

最後に

以上になります。

今回は、リリカルライブがレジ8台で物議!待ち時間と現金のみの理由はなぜ?と題しまして、「魔法少女リリカルなのはライブ」はなぜレジ8台なのか待ち時間はどれくらいでクレカのみの対応はなぜなのか解説しました。

19日のライブではクレカ対応可か、レジ台数を増やすことでしょう。

かなりの混雑も予想されますし、待ち時間も相当な時間あることでしょうから、足を運ぶ方は是非防寒をしっかりして行ってくださいね!

トレンド
スポンサーリンク
アメダマンをフォローする
スポンサーリンク
アメダマンの城

コメント