misonoの旦那「nosuke」の病気手術後にショック!家族が病気になった時、あなたはどうする?

トレンド

倖田來未さんの妹で知られる、歌手のmisonoさんがブログを更新しメディアに取り上げられました。内容は旦那さんの容態についてで、精巣がんで闘病している旦那の手術の際のお話でした。

非常に心苦しい状況でありますが、大半の人はいずれ病気になります。そんな時、残された家族にできることなんでしょうか?

misonoの旦那「nosuke」の病気が精巣がんで手術!家族が病気になった時、あなたはどうする?また、一般的に闘病生活にはどれほどのお金が必要になるのか、私的な意見と共に解説していきます。

スポンサーリンク

misonoの旦那の手術後の姿にショックを受ける!

歌手のmisonoが18日、ブログを更新し、精巣がんで闘病している夫でドラマーのNosukeの手術後の姿を「さらに変わり果てた」と大きな衝撃を受けたことを告白。病室を「1分くらいで、出ました」と記した。

引用:デイリー

精神的にも金銭面的にも厳しく、もう前向きになれないと語るmisonoさん。今までは笑顔で全てに向き合ってきていたけど現実逃避、絶望感に襲われた様子です。

また、最後には

「・早期発見に繋がりますように。・皆様が人間ドックに行ってくれますように。・がん保険のことも意識するようになりますように。・『精巣がん』という病気の正しい情報が広まりますように。・Nosuke official Blogの存在を知ってもらえますように。・応援し合える人、励まし合える場所、支え合える時間が、増えますように。・仕事がしたいというNosukeに、オファーがきますように。・misoNosukeが『世の為、人の為になれてますように」

と締めくくりました。

大切な人が病気になった時、どう思えばいい?どんな顔で接すればいい?

正解はないのかもしれません。
あえて明るく務めたり、厳粛な雰囲気で接したり、答えがあるようでありません。

本人ももちろん苦しいでしょうが、看病する家族も同様に苦しいものです。自分がどれほど無力か思い知らされ途方にくれる。ただ、容態が悪化していく家族を見ると気が気でありません。

本来、悪化していくのが病気というものなので覚悟はできそうなものですが、医学が進化したおかげで全ての病気に対して回復の希望を抱いてしまいます。しかし当然、完治しない病気が
多く、まだまだ延命措置に頼るだけの病気もたくさんあるのです。

そんな時どう接するのが良いのか。家族の苦しみにどう頭で処理すればいいのか。価値観の話になりますが私はいつも通り接することを決めています。

いつも「人は死ぬものだ」「病気にかかるものだ」と強く思っていて「死」や「病気」というものに対して、否定的な考えを持つことをやめました。

あくまで自然的なもので、「止まない雨はない」「ずっと元気な生き物はいない」と考え。全てにおいて初めから終わりは決まっていることなので悲観せずにただ、「朝だから起きる」と同様、同じ現象なんだと考えています。

力をいれず、考えすぎず、ただ寄り添い、いつも通り接する。楽しく愉快に。そして具合が悪化したら助ける。確かにいつもと違う様子になっていく家族を見るのはmisonoさん同様辛いのかもしれませんが目をそらすことはなく自然、流れのまま受け止める。

向き合うのではなく、眺めるのです。聞こえは悪いかもしれませんがそれが1番大切なことではないでしょうか?どんな景色も風景も考えようによっては見方が変わる。
家族の苦しみも自然的なもので、悲観して辛くなっても当事者はもっと辛く、悲しんでる顔なんて見たらもっと辛いでしょう。

できるだけそばにいて全ての様子を眺める。そしてその体調に合ったテンションで接する。病気が治るか治らないは私たちに変えることはできません。変えることができないことで一喜一憂していては今後の残酷な光景には全て目をつぶるのでしょうか。

nosukeさんがどれほどの疲労困憊している様子でも、そこに感情を先に持ってこずにただただ眺めいつも通り接する。精巣がんでもどんな病気でもいつも通り接しながら仮に最後が来ても自然なことなのでいつも通り見送るのが自然ではないでしょうか。

あなたはどうしますか?

スポンサーリンク

ガンには治療にはどれほどのお金必要なの?

最後にガン治療、病気に対する必要な金額を書いていきます。芸能人で売れっ子であるmisonoさんnosukeさん夫妻でも金銭面での困難を強いられていますの、我々一般人には治療すらしてもらえない状況なのでしょうか。必ず襲ってくる病気に対抗する術は無いのでしょうか?

 

一般的なガンの治療費は平均総額65万円でした。白血病になると金額が上がって155万円。
ここから保険制度を使って実質の負担額は20万ほどですが入院費用を入れるともう少し高くなります。
ただ、高額医療費控除制度があるため安くなり実質20万少々だと推測できます。

アメダマン
アメダマン

あれ?そんなもんなの?

と思うかもしれませんが、ガンは長時間の戦いになりますので治療期間が長いほどかかってくる負担額も大きくなるのです。

病気なんて絶対なるんだから、もっと安くしてほしいですがこれが現実です。misonoさんもおっしゃっていたように「がん保険」に入っておかなければ安心して治療もできない状況になるかもしれません。

がんは2人に1人はなる病気と言われていますから、今は健康的に生活している人もまだ若いとたかをくくっている人も早い準備を意識してみると良いかもしれません。

最後に

以上になります。

今回はmisonoの旦那「nosuke」の病気手術後にショック!家族が病気になった時、あなたはどうする?

と題しmisonoさんとnosukeさんを引き合いにして語らせて頂きました。非常に難しい問題ではありますが、今のうちに自分の価値観や死生観を構築しておいたほうがいざというトラブルやアクシデントにそなえれるのではないでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント