居酒屋に無断キャンセルで逮捕!何がしたい?無断キャンセルはどこからが逮捕なのか

トレンド

驚きのニュースが入ってきました。

偽名で居酒屋に17人分の予約をし、
当日お店には行かず
無断キャンセルした男性が
逮捕されたのです。

全くもって何がしたいのかわかりません。
それに、確かに悪いことではありますが
逮捕されるのも正直驚きました。

そこで今回は、
無断キャンセルはどれくらいの規模で
なるのか、
居酒屋の予約を無断キャンセルした
小林恒夫は一体なにがしたかったのか解説していきます。

スポンサーリンク

居酒屋予約でなぜ無断キャンセル?小林恒夫なにがしたかった?

居酒屋予約で無断キャンセルニュース詳細

まずはニュースの詳細を解説します。

居酒屋の団体予約を無断でキャンセルしたとして、警視庁丸の内署が11日、東京都内の50歳代の男を偽計業務妨害容疑で逮捕したことがわかった。無断キャンセルによる飲食店の損害が社会問題化しているが、容疑者が摘発されるのは珍しいという。

 捜査関係者によると、男は6月下旬頃、千代田区内の居酒屋に偽名を使って電話をし、1人1万円の食事コース計17人分を予約しながら、当日に来店せず、店の業務を妨害した疑い。「問い合わせの電話はしたが、予約はしていない」と容疑を否認している。

 この居酒屋の系列店4店にも、同じ日に8~20人分の団体予約があり、いずれも無断でキャンセルされた。いずれも同じ偽名で予約されており、丸の内署は当初から来店するつもりがなかったとみて、男との関連を調べている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00050119-yom-soci

17人分の予約を無断キャンセルしただけかと
思いきや
他の店舗でも同じようなことしていたのですね。

1万円のコースを17人分となると
お店の被害額は単純計算で17万円。
予約ですから、仕入れを済ませ、
時間まで予約していたのならば
いくつか調理してしまってます。

それが4店舗以上となると
ざっと60万円分の被害額が出ています。

 

アメダマン
アメダマン

お店への被害もそうですが、
食べ物を粗末にしすぎですね、、
道徳的にもNGかと、、

 

スポンサーリンク

居酒屋予約、無断キャンセルはなにがしたいのか!

一見意味の分からない行為で、
被害だけが大きい非常に悪質な
犯罪ですが、犯人は一体なにがしたかったの
でしょうか。

わざわざ偽名で数店舗(居酒屋)に予約し、
当日は行かず、連絡もせず、無断キャンセル。
現在はまだ、犯人からの供述はありませんが
推測でなにがしたかったのが原因を予想しました。

 

1.お金持ちアピールしたかった

2.ストレス解消

3.無断キャンセルした居酒屋に恨みがあった


「お金持ちアピール」というか自尊心や、
承認欲求を満たすためというほうが
正しいですが、
同日に4店舗、複数人での予約をしていることから
すると、確実に確信犯で、
行く気はないということなので

大勢を取り締まる自分。
「仲間とわいわいできる自分」を
体験し、承認欲求を満たしていたパターンか

 

ただ単に「ストレス解消」のために
無断キャンセルしていたかですね。
世の中では人が困っている姿を見たり
想像したりしてストレスを解消する人がいます。

この居酒屋無断キャンセルした犯人も同じ類いで
無断キャンセルして困っている姿を想像して
自身のストレスを解消していたのでは
ないでしょうか。

 

或いは、最後にあげた
「居酒屋に恨みがあった」です。
過去に被害の出た居酒屋で働いた経歴があるか
そこの居酒屋で嫌な思いをしたケースですね。

どのような恨みかは分かりませんが、
随分と大規模な仕返しをしましたね。

アメダマン
アメダマン

お店側としてはひとたまりもないよ!!

 

以上の3つが可能性として高いと
思うのですが、
恐らく2番目の「ストレス解消」というのが
1番近いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

無断キャンセルはなんの法律違反?罪名はなに?年間2000億の被害

ここで気になるのが無断キャンセルが一体
なんの罪になるのかですよね!

今回の無断キャンセル事件では

偽計業務妨害容疑

という罪で逮捕されました。

 

偽計業務妨害容疑とは

虚偽の風説を流布し、
又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、
又はその業務を妨害すること

つまり、嘘ついて人を信用させて
業務を妨害すると罪ということですね。

今回の居酒屋無断キャンセルは
まさに当てはまります。

スポンサーリンク

どれくらいの規模を予約して無断キャンセルにすると逮捕なの?

しかし、一体どれくらいの規模で
無断キャンセルすると罪になるのでしょうか。

 

これに関しては親告罪によるところが
大きいので
お店側が申告すれば一件の無断キャンセルでも
偽計業務妨害容疑として逮捕される
可能性があります。

なので規模に関わらず、無断キャンセルは
やめましょう。
誰も得しません。

 

アメダマン
アメダマン

確かに、予約人数も少なく、
常習犯でなければ、わざわざ親告されないとは
思いますが、この事件を気に
お店側も敏感になる可能性があるので
キャンセルする場合は余裕を持って連絡し
無断は絶対にやめましょう。

 

スポンサーリンク

最後に

以上になります。

今回は、
居酒屋に無断キャンセルで逮捕!
小林恒夫は何がしたい?
無断キャンセルはどの規模で逮捕?

と題しまして、
居酒屋に無断キャンセルで捕まった事件について
小林恒夫はなにがしたいのか、
無断キャンセルはどの規模で
逮捕なのか、なんの罪なのか解説しました。

とても悪質な行為。
もちろんですが、やむを得ずキャンセルする場合には
しっかりと連絡しましょう。

トレンド
スポンサーリンク
アメダマンをフォローする
スポンサーリンク
アメダマンの城

コメント