三崎優太が語る森友学園問題を分かりやすく解説!公文書の改ざんを小学生でもわかるよう解説!

トレンド

青汁王子こと、三崎優太さんが現在SNSで話題になっています。

自身が脱税で逮捕された経験から、不正や日本の闇に気付き動画を投稿。その内容の中であった「脱税事件の裏側」と「森友学園問題」について言及しました。

三崎優太さんの脱税事件に関して伝えたいことはこちらの記事に書きましたのでご覧下さい

【青汁王子】三崎優太が伝えたいこと。1億8千万円のプレゼント何故?国税局と情報操作の真実。小学生でもわかる日本の闇

今回は、三崎優太さんが伝えたいもう1つの「森友学園問題」について解説していきます。題して三崎優太が語る森友学園問題を分かりやすく解説!公文書の改ざん、嘘の答弁を小学生でもわかるよう解説しました。

私自身も多くの人に知って欲しいため、できるだけ分かりやすい言葉で解説しています。

三崎優太が伝えたい森友学園問題とは

僕が脱税したとされている【1億8千万円】を日本の未来のために贖罪寄付します

この動画にて語った森友学園問題。三﨑さんは森友学園問題を国民の皆様に伝えたいがため、集客をしたといっても過言ではありません。

では一体その中身とはなんなのか順を追って解説していきます。

森友学園問題とは

三崎優太さんが言うように
簡単に言うと、我々国民の資産である
国有地をわずか10分の1の値段で売買した問題です。

※国有地とは国家が所有する土地で国土の4分の1を占めます。

 

1950年から幼稚園を運営していた
学校法人「森友学園」が小学校を
作ろうとしました。

そこで2016年に国有地を買うことを
決意しましたが2017年に朝日新聞にてある報道が。

記された内容は
「森友学園に売った国有地の
値段設定がおかしい」
他にも安部首相の妻がこの幼稚園の
理事と特別な仲?」
でした。

では、具体的にに日本国民みんなの
国有地の金額がどれくらい
下がったのかというと

本来の値段→10億円以上

値下げされた値段→9億5600万円の値引き

 

アメダマン
アメダマン

え、、!?

普通ならあってはならない値下げですが

ここは地下9mまでゴミが一杯だから
処理費用も考えて、もっと安くしてくれ
私、安部首相とも仲良しなんですよ?

と財務省に圧力があったとされており、
最終的には

1億3400万円になりました。

この大幅な値下げが騒がれたのと共に
実際にゴミが全然無かったことから
詐欺じゃないか?とも言われ国民から
反感を買いました。

公文書の改ざん(決裁文書改ざん)問題を詳しく見て行こう

次に三崎優太さんが言っていた
公文書の改ざんについて。
これも多く報道され話題になったものです。

では一体、公文書とはなにで、
改ざんとは具体的にどうされたのか
を見て行きましょう。

公文書(決裁文書)とは?

三﨑さんは
「国民が国の行動、
意思決定を事後的に検証する大事な記録」
といっています。

つまり記録書、成績表みたいなもので
日本の未来のために必ず必要になるもので
絶対に嘘や過ちがあってはなりません。

一起業でも、もちろんいけませんが
国のトップがやるなんて言語道断
国民に対する完全な裏切り行為になります。
もちろんそのような行為をすると
犯罪です。


嘘偽公文書作成罪
になり
重い処罰を受けます。

公文書改ざんは誰が何を改ざんした?

三崎優太さんが伝えた公文書改ざん問題で
公文書を改ざんしたのは財務省です。

※財務省とは、国のお金の管理をしている機関で、
税金額を決めたり国が使う予算を決めたりしています。

何をどう改ざんしたのかというと
森友学園と国有地をめぐる取引をした
文書を改ざんしました。

これは財務書も改ざんした事実を認めています。

具体的には森友学園との取引に関して
「特例的な対応」「本件の特殊性」
とあからさまに森友学園への特別扱いを
している記載がありましたが、
財務省はこれをことごとく削除。

こんなに都合良く改ざんすることが
通用しているのならば
誰も行政(国)を信じられません。

もっと公文書改ざんを分かりやすく言うと
学校の先生が成績表を勝手に書き換えて
それを元に作った調査書を
生徒が受験する学校に提出する。
それも、その学校中の教師が協力していた。

だとしたら、学校も教師も
信じられませんよね。

それが財務省。国民の税金を集める組織で
起こっていた事件なのです。

なぜ捕まっていない?責任追及がされていないのか

三崎優太さんが憤りを感じている1つとして

大変大きく取り上げられ、報道されたのにも
関わらず、国民に嘘をついたのにも
関わらず

当の本人(国税局長官)は罪にはならず
責任追及もなく、今も普通の生活を送っています。

 

では一体なぜ捕まらないのか?
政権を守るために動いたやつは汚いことを
しても捕まらないのは本当なのか
解説します。

まず先ほど申し上げた通り、
公文書の改ざんは重たい罪です
しかし公文書の改ざんをした当人は
捕まっていません。

その理由として考えられるのは
嘘偽公文書作成罪があるものの
嘘の公文書を作成したり、内容を変更することで
嘘偽が何かということについて
刑法が定義していないのが原因かもしれません。

具体的に言うと
公文書を改ざんはしたが、
嘘とは言えず、文書の本質は
変わらないと判断されたようです。

アメダマン
アメダマン

腑に落ちないねぇ

個人的な意見としては
要は、長官を罰するか罰しないかの話で
罰しない方針にしたときの口実のようなものだと
私は考えています。

やはり公的な文書を改ざんするのは
日本国民として憤慨です。

三崎優太さんが言うように
責任追及や国民に謝罪がないのが
行政機関としての信用問題に関わりますし
好き勝手国民を転がしている感じがして
大変不快です。

最後に

以上になります。

理解できましたでしょうか。
これが森友学園問題です。

不正や嘘があるため大変不快になったり
国にたいしての嫌悪感を抱いた方もいるかも
しれません。

しかし、それでも向き合って
1人1人が考え行動すべき事件だと思います。

納得のいかない現状が続いており、
私もこの件に対して憤りを感じています。
多くの人がそうかと思います。
国民が動かなければ国も変わりません

できるだけ多くの人にこの記事が
届くことを願っています。

コメント

  1. […] んが語った 森友学園問題についても分かりやすく 解説しましたので ご覧下さいませ。 三崎優太が語る森友学園問題を分かりやすく解説!公文書の改ざんを小学生でもわかるよう解説! […]