香港デモの目的はなに?ついに日本人の負傷者も!死者や怪我人はどれくらい?

トレンド

2019年の3月から未だ
終わることのない香港デモ。
すでに、死者も出ていて、
国際問題にまで発展しそうな
勢いです。

そこで今回は、改めて
香港デモの目的や、
どうなれば香港デモは終わるのか
解説します。

また、日本人の負傷者はいるのかも
調査しました!

スポンサーリンク

2019年:香港デモの真の目的はなに?

大規模に行われているデモですが、
なぜデモを起こしているのか、
目的はなんなのか解説します!

逃亡犯条例改正案が提案されたから!具体的に解説!

簡単に言うと、

中国は中国、香港は香港でいたい。

ということなのですが、

そもそも中国は「社会主義」
そして香港は「民主主義」

これを「一国二制度」といい
1つの国で2つの制度があるのですね。

アメダマン
アメダマン

これを↑まず覚えていてください。

そして香港デモの引き金となった
ある事件が起きます。

香港人が、台湾旅行中に殺人事件を起こしたのですが、

逃亡犯条例のいうルールの下、
犯人である香港人が香港にいる以上、逮捕
できないというのです。

「香港は香港だからね」

これはいかん

と思った政府は、この逃亡犯条例の改正案を
提案しました。

アメダマン
アメダマン

まぁ理屈で言えば犯人を捕まえるためには
仕方ないように思える、、が

これに香港人は大激怒。
「改正案は納得できねぇぇ」
と今回のデモが起きているわけです。

 

なぜかと言うと、
協定の国に中国が含まれており、
改正案が通ったら、香港人も簡単に
中国の法律で裁かれてしまうからです

すると、香港での自由、人権がなくなり
中国では捕まると拘束や拷問されることもあるため
簡単に罪を吹っかけて捕まえられると
もう全くの自由はありません。

それだと香港である意味がなく、
もやは中国。
ビクビクしながら、いつ捕まるか分からない
日々は送りたくないのです。

更に、旅行で来た観光客や、留学生、
飛行機の乗り遅れでも対象になるため
香港だけでなく世界から、
論争が繰り広げられています。

 

アメダマン
アメダマン

確かに、改正案が通ったら
あまり、旅行の場所に選ばなくなるかも

逃亡犯条例改正案は破棄されたものの香港デモが続いている理由。次の目的は?

実は、見出しの通り、
改正案は却下されたのですが
まだデモは続いています。

その理由や、新たな目的は以下の通り。

・市民活動を『暴動』と見解するのを取り消せ
・デモ参加者の逮捕、起訴中止
・警察の暴力的制圧の責任追及と外部調査委実施
・林鄭 月娥(りんてい げつが、キャリー・ラム・)
(香港の中華人民共和国香港特別行政区行政長官)
の辞任と民主的選挙の実現

これを機に言いたい放題の気も
しますが、政府側も割と
やりたい放題していて、
収拾がつかない事態にまでなっています。

民主主義と言っても、
政府が権力を無くすと、これからの
香港がさらに荒れると容易に
想像ができるので、
現状、第三者の仲介が必要です。

いい加減、警察、市民ともに
死者、負傷者も出ていますから
これ以上の争いは避け、冷静な
話し合いと立て直しが必要です。

スポンサーリンク

死者、負傷者はどれくらいいる?

200万にが参加する大規模なデモですが、
負傷者、死者がどれくらいいるかと
いうと、現在わかっているだけで

香港大学生の男性一名が
死亡と確認されています。

ただ、デモによるものなのか、
事故によるものなのか
ハッキリしておらず、
現場近くで起こっただけとも
見られています。

さらに厄介なのが、この大学生の死亡
を機に、香港デモのスローガンが

「香港人、仇をとれ!」

に変わったことで、今後益々過激化し
新たな死傷者が出る危険性が
極めて高くなりました!

また、警察官がデモ参加者に銃弾を発砲し
負傷したほか、香港議員が刃物で
刺される事件も起こっています。

 

現在も進行中なデモですから、
真相は明かされないまま
両者感情的になっている状態で
非常に危ないです。
スポンサーリンク

香港デモでついに日本人にも負傷者が!

速報で、とうとう日本人にも負傷者が出た
ことが明らかになりました。

50代日本人男性で、茂木外務大臣が明らかにし、
大変な話題になっています。

 

こんなデモが行われている中
なにしに行ったのかは置いといて

現在は治療し、退院済とSNSでは
報告されています。
負傷者として判明したということは
病院か、本当に退院したかでは
あると思うので、一旦は
安心してよさそうですね。

スポンサーリンク

最後に

以上になります。

今回は、
香港デモの目的はなに?
ついに日本人の負傷者も!
死者や怪我人はどれくらい?

と題しまして、香港デモの目的と、
目的達成後の目的について解説しました。

また、日本人の負傷者も出ましたが
恐らく無事だとは思いますが、
日本政府がどう絡んでいくのかで
また、問題の規模が変わることでしょう。

まだまだ、目が離せません。

トレンド
スポンサーリンク
アメダマンをフォローする
スポンサーリンク
アメダマンの城

コメント