八王子で保育園児の列に車!原因と犯人の供述を解説!

トレンド

今年に入って、高齢者の事故が多発
していますが、またも東京都八王子にて
事故が起きました。

保育園児の列に60代のドライバーが車で
突っ込むという悲惨な事件ですが、
保育園児も軽傷で済み、命に別状はないそうです。

一安心ではありますが、今回は
なぜ保育園児の列に車で突っ込んだのか
原因と、犯人の供述を解説したいと思います。

スポンサーリンク

八王子で保育園児の列に車が突っ込んだ事故の詳細!

11日午前10時20分ごろ、東京都八王子市宇津木町の路上で、「散歩中の保育士と子どもたちの列に車が突っ込んだ」と110番があった。

 警視庁などによると、いずれも2歳の保育園児4人を含む7人がけがをしたが、意識はあり軽傷という。

 同庁などによると、八王子バイパスの側道で、横断歩道を渡っていた園児ら10人以上の列に軽トラックが突っ込んだ。同庁は運転していた60代の男を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕された。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000031-jij-soci

想像しただけで恐ろしいですね。

アメダマン
アメダマン

「もう少し速度が出ていたら、、、」
「車が軽自動車じゃなかったら、、

もしかすると大惨事になっていたかもしれません。
いえ、必ずなっていたでしょう。

被害に遭われた保育園児は意識があり、
軽傷ということですから、
命に別状はありません。

ただ、こういった事故や事件ではトラウマに
なるケースも珍しくありませんので、
今後、外に出るのが怖くならないか心配です。

ちなみに良く聞く【軽傷】とは
どれくらいの症状なのかというと
体を動かすのに困らない程度の
軽い傷。軽い怪我を指しています。
また、事故を起こしたドライバーも
軽傷で現在は釈放されて入院しています。

 

アメダマン
アメダマン

先生も保育園児もドライバーも無事で
本当によかった。

スポンサーリンク

保育園児の列に突っ込んだのはなぜ?原因と供述にせまる!

さて、本題になりますが
今回の八王子市で起きた
保育園児の列が車に突っ込まれる事故
原因・理由はなんだったのでしょうか。

ドライバーの供述によると

「(車内で物を落とし)気を取られて下を見ていた」

と供述。

つまり不注意とよそ見ですね。
実際に車が保育園児の列に突っ込んでいますから
かなりの時間よそ見していたことになります。

軽傷であるということはスピードはゆっくり
であったのでしょうが、
今回の事故は横断歩道を渡っていた保育園児に
突っ込んでいますから

アメダマン
アメダマン

立派な信号無視。
許されるものではありませんね!

しかも、これだけ最近、事故について
騒がれていますから、運転には細心の注意を払う
べきです。

いくら物を落としたとはいえ、私なら一度
止まってから確認しますし、走行中だとしても
かなり運転には気を使います。
信号や、歩行者にも気付かないほど
探しものをするなんて言語道断。
公共道路を運転するドライバーとして
いかがなものかと思います。
[ad]

高齢者の事故は益々多発するのか!

私は正直、高齢者に関係なく注意するべきだと
思っています。
若い人でも危なっかしい人はいますし、
いまだに煽り運転や、幅つめなどの
行為をよく見かけます。

ただ、確かに高齢者に注意不十分な方は多く、
どうしても若い時の感覚のまま
運転する人が多いですよね。

やっぱり、動体視力や反応速度
集中力などは否が応でも衰えていきますので
事故を起こす前に自身の能力が衰えたことを
自覚する能力が必要だと考えます。

大抵の事故は過信から来ていますので
「スマホいじりながら運転できると思わないこと」
「スピード出している自身を運転上手だと思わないこと」
「よそ見しても運転できると思わないこと」

が大事です。

事故をしてからでは全てが遅いので
1回1回の運転に気を遣い
過信のないように心がけましょう。

アメダマン
アメダマン

この事故を聞いてより一層
気をつけようと思ったよ!

スポンサーリンク

最後に

以上になります。

今回は、
八王子でまたしても保育園児の列に車!
原因と犯人の供述を解説!

と題しまして
八王子市で起きた保育園児の列に
車が突っ込んだ原因(理由)ついて解説しました。

死傷者が出る事故にならなくて
一安心ですが
ドライバーも歩行者も
気を抜けないなと感じました。

同じような事故が今後起きないように
徹底しする必要があります。

トレンド
スポンサーリンク
アメダマンをフォローする
スポンサーリンク
アメダマンの城

コメント