BUMP楽曲「月虹」が異例の再起用!理由はからくりサーカスの大ファンだから?

トレンド

若者に伝説的な人気を誇るロックバンド
BUMP OF CHICKENが
アニメ「からくりサーカス」に異例の再起用され
話題になっています。

話題の曲は「月虹」という曲で
相変わらず素敵な詩で作詞担当の藤原基央さんの
凄さを思い知らされるのですが、

普通アニメはクールごとに
楽曲は変わる物。

しかし、「からくりサーカス」では
昨年オープニングテーマとして採用されたのち
今回も同曲がエンディングテーマとして
再び採用されることになりました。

異例中の異例ですが、理由はなぜなのでしょう。
そこで今回は「BUMP OF CHICKEN」の簡単な紹介と
起用したアニメ「からくりサーカス」について、
今回話題の再起用の理由のついて迫っていきます。

スポンサーリンク

BUMP OF CHICKENの簡単プロフィール

 

メンバー:Vo、Gt 藤原基央
     Gt   増川弘明
     Ba   直井由文
     Dr         升秀夫

出身地:千葉県佐倉市

活動開始期間:1996年~

レーベル:トイズファクトリー

ジャンル:ポップロック、オルタナティブロック
     インディーロック、エレクトロニカ

「天体観測」「花の名」「カルマ」
などの有名曲を抱え、詩の世界観と、深みのある楽曲で
若者だけでなく、同業者からも支持を受けています。

実際に影響されたアーティストでは
米津玄師、グリムスパンキー、SEKAI NO OWARI
RADWIMPSなど大物ミュージシャンも影響を受けており

Mr.Childrenの桜井さんも大ファンと公言し
楽曲「ロストマン」のカバーをされています。

アメダマン
アメダマン

私も大好きなバンドで、14歳だった中学生から
現在まで、聞かない日はありません。
ドライブ行くときも聞きますし、
寝る前にもイヤホンで堪能しています。

過去にも映画、ドラマ、CM、ゲームなど
様々なメディアに楽曲提供していますが
今回の「からくりサーカス」のように
オープニングとエンディングで同曲が使われるのは
BUMP OF CHICKENとしても初めて。

それどころかアニメ界でもないことだと言います。
まさに異例。よほどからくりサーカスにマッチしているのか
スタッフがBUMPの大ファンなのか気になる所ですが
真実はいかがなものなのか
続きをご覧ください。

 

なぜ「月虹」は再起用されたの?

理由は、当初からフルで起用することを
決めていたから!!

元々「月虹」は
からくりサーカスの1クール目に
オープニング曲として起用され
今回の3クール目には
エンディング曲として起用されます。
エンディングでは前回起用されたパートではなく
2番が起用されました。

元々、「月虹」はBUMPメンバーが
「からくりサーカス」の大ファンで
「からくりサーカス」のために作り上げた楽曲です。

1曲まるごと「からくりサーカス」に捧げた楽曲のため
1番だけしか使わないわけにはいきませんし
当初からフルで起用するつもりだったのでしょう。

曲調や詩の世界もぴったりで

アメダマン
アメダマン

さすが!

としか言いようがありませんが
BUMPファンからしても嬉しい限りです。

アニメも終盤でこれからフィナーレを迎えるわけですが
「月虹」がフィナーレに向けて
力強くサポートしていくことは間違いありません。
起用されたエンディング曲も
YOUTUBEにUPされていますので
お時間のあるかたはご視聴下さい。

TVアニメ「からくりサーカス」第6弾アニメーションPV

 

からくりサーカスはどんなアニメ?

※画像はからくりサーカスと関係ありません。

今回話題になった異例の再起用ですが
「からくりサーカス」はどんなアニメなのでしょうか?

BUMP OF CHICKENファンは
メンバーが好きなので、当然見るべきアニメですが
結論から言うとかなり面白いです!

少年サンデー出身の漫画で
ジャンルはダークファンタジー、
バトルアクションなのですが
男性だけでなく、女性も楽しめます。

 

大雑把な解説▼

メインキャラの3人が
別れをきっかけに大きく物語りが2つに割れ
数奇な運命を歩むストーリーです。

人間の敵である自動人形が出てくる物語で
人類を守るための活動していた者も、
実は操られていた人形で
人形の境遇から変わろうとしたり
あるいは、人間であろうとする者の葛藤が描かれています。

神様や、生きることへの執着
時間や関係の意味など。
とても深く、学びがあり
とても考えられる作品です。
bumpの楽曲が起用されるのも納得で
豊かな精神世界が描かれた作品になっています。

最後に

以上になります。

作品紹介が上手くできませんでしたが
見ても後悔はしない
面白い作品になっていますので
お時間のあるかたは是非ご覧下さい。

また、楽曲「月虹」も
切なくも力強い楽曲になっていますので
まだ聞いていないかたはアニメと同時に
是非聞いてみてください。

長くなりましたが
今回は、話題の異例起用について
解説していきました。

ご覧頂きありがとうございました。

コメント