山口真帆が襲われた件について。なぜアイドルは襲われる?ストーカーが多発する?対策は?

トレンド

NGT48の山口真帆さんが自宅にて男性2名に襲われました。

アイドルは華やかな世界である反面、熱狂的なファンとのトラブルが後を立ちません。
少し前にもAKB48の川栄さんも握手会で被害に遭うなど、定期的と言ってもいいほど
アイドルは襲われています。

そこで今回はアイドルはなぜ襲われるのか
襲われない為にどうしたら良いのか
解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

アイドルはなぜ襲われるのか

1.他のファンとの差別化を求める

昔に比べるとアイドルと一般人の距離がとても近くなっています。

数年前のAKB48が発端となり、
以前までは絶対に手の届かないスターがアイドルでしたが、
現在では「手の届くアイドル」が主流になりました。

秋元康さんが今までのアイドルのイメージを逆手に取り
ファンとの距離を縮めることでファンを虜にし
より根強い顧客にするビジネスを考案しました。

さらに人気投票をファンに委ね、ランキングをつけることで
アイドルとファンをより一体化し、1つの育成ゲームのような
楽しみ方を展開することで競争意識をもたせ
アイドルに責任感を抱かせることで
質をあげる働きを見いだし
アイドルにとってのファンの価値も高まりました。

 

ファンの1人1人がアイドルに投資・応援することで
独占欲や、嫉妬が生まれてしまうのも事実
握手会や交流会ではより特別に接してもらいたい
承認欲求が生まれます。

するとアイドルの態度次第では
ファンの期待とすれ違い、憎しみに変わります。

散々応援して順位も上がったアイドル
毎回ライブでは応援に行き、グッズも全て買って
投票もたくさんしてきた。
それなのになぜだ?なぜ冷たい?

当然な感情とも言えますが、
アイドルとファンの関係である以上
自分だけがファンなわけではないし
超えてはいけない一線があることは
考えれば分かるのですが

「身近なアイドル」であるというブランディングを
真に受けてしまう人がいるのです。

すると裏切られた気持ちが大きくなり、
独占欲と嫉妬の度が超え
アイドルに攻撃をしてしまいます。

まとめ▼

・ファンの熱量に対して、アイドルから自分への熱が少ないことに対する憎しみ

2.アイドルに魅力がありすぎるため

次にあげられるのはアイドルの魅力のせいです。

AKBなどがクラスのまあまあ可愛い子をイメージされていますが
やっぱり可愛いです。

アメダマン
アメダマン

女優に比べれば落ちるものの
一般人からするとかなりレベルが高いですし
表情やしぐさは可愛く、対応はプロなのです

さらに女優と違って簡単に会えます。
握手会や交流会に行けばいますし
喋ることもできるのですね。

ファンからすると簡単に好きになるでしょう。
ましてやネットが復旧して
現代コミュニケーション能力が下がっているなか
対人に不安の抱える人は多いのに

アイドル達はファンで居続けてもらうために
親切な対応もしますから
ファンからしたら狂喜乱舞です。

肩書きだってアイドルで
何万人もファンを抱えている中
可愛い子に優しい対応をしてもらったら
人によっては勘違いしてしまうでしょう

ファンとしてではなく
距離がもっと近くなったと勘違いし
恋愛対象としてみてしまい
また、恋愛対象として見てくれているんじゃないかという
錯覚に陥るのです。

結果、過ぎた愛情で嫉妬と独占欲が芽生えます

まとめ▼

簡単に会える可愛い子が、
自分に優しくしてくると恋愛対象として
好きになり独占欲が生まれる。

 

アイドルが襲われないためにはどうしたらいいのか

とても難しいことですが、メディアの対応が1番大きいでしょう。
今回の山口真帆さんの件にしろ

しっかりとアイドルのファンの関係性
について認知させる報道が大切です。

全てがビジネスであることと
どこまでいってもファンとアイドルの
関係であること。
アイドルに必要以上の期待をしないことです。

アイドル側も過度なファン対応は抑え
個々でブランディングを調整した方がで良いです。
特に握手会などの直接的な交流では
あまりボディータッチはせずに仕事
必要以上に甘い言葉は吐かない方が良いでしょう。

 

今後のアイドルとファンの関係生について

今後益々、事件は増えるのではないかと筆者は予想します。

アメダマン
アメダマン

アイドルの数は年々増えてますからね

さらにネット社会もどんどん進化し
人との交流も少なくなりますから
イメージと期待がさらに大きくなります。

ライブや握手会のみ外に出掛けるようなファンも増えますし
ネットの力で自宅や個人情報の特定も簡単になり
いわゆるストーカ-や今回の事件のような
過度な愛情をアイドルに向ける
ファンも増えることでしょう。

なのでできるだけ丁寧かつ厳重にプライベートを守り
ファン対応も考えていかなければ
今後もっと大きな事件になる可能性もあります。

最後に

アイドルはファンとの距離も近づきましたが
同様に誰でもアイドルになれる時代でもあります。

不特定多数から好意を抱かれる職業ですから
それなりの覚悟は必要になりそうです。

いくら人気商売といっても
過度なファンサービスはさけ
ファンも立場をわきまえたうえで
楽しむ力が必要とされそうですね。

コメント